ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

【日記】会社の偉い人に怒られて、会社のトップに呼び出しくらいました。そうだ、トップに手紙を書こう。

日記です。

衝撃的な出来事があったので、書いていきます。

 

今日は16年度最後の日でした。

 

打ち合わせから席に戻ると、

「〇●部署の△さんへ折り返しの電話を入れるように」

とメモが残されている。

 

何でこんな部署から電話が来たんだろう。

 

そう思いながら電話をかけると

「取締役がおよびなので、すぐに来るように」と言われます。

 

は?なぜですか。

意味が分かりません。

周りの先輩にも呼び出しを食らったこと告げると

「キョトン」としていました。

普段、全く接点が無かったからです。

 

ただ、1週間ほど前に「偉い人」と「取締役」が同席していた比較的緩い会で自分の意見を述べることがありました。

取締役を生で見るのは、人生で2回目ぐらいでした。

意見といっても「組織に関して思ってること、とりあえず言ってみて~」と言われたので何も考えずに本当に思っていることを言いました。

その結果、「偉い人」が「ムッとしながら私の意見を否定してきました」

 

 

その件でお説教をされるのか・・・

 

 

ちなみに、「偉い人」に意見を否定された時は、「私の意見は間違ってない。だから偉い人が批判してくるなんて、ガッカリした」と凹みました。←決して、屈しているわけではないwww

平凡なサラリーマン、しかも新人の地位である私は「偉い人」には反論しませんでした。反論が怖かったわけではなく、時間の関係もあったのと、偉い人とは「議論」ではなく、感情論をかけられて終わりそう、無駄な「言い合い」になりそうだなと思ったからです。←あくまでも上から目線www

 

 

チッ、面倒くせえ!と思いながら、

かなりドキドキしながら急いで取締役社長室に向かいました。

入社以来のドキドキです。

 

 

「失礼いたします」

きちんと一礼をし、ふかふかの絨毯が敷きつめられた部屋に入ります。

 

取締役は、上品なスーツを身に着け、おだやかな表情で私を見て

「ごめんね、忙しい時にいきなり呼び出して」と仰っていました。

 

・・・

優しすぎる。

さて、何を言われてしまうんだろう。

ドキドキが拍車をかけてぎこちなくニコニコするしかありませんでした

 

「この前の打ち合わせの君の発言ね、

あれね、時間が無くて話せなかったんだけど、

僕は正しいと思っているよ。

だから、自分の意思を貫いてね。

仕事頑張ってね~。」

5分ほどという短い時間でしたが、取締役から言われたことはこんなことでした。

 

ええええ・・・

これを伝えるだけのために呼んでくれたの!?!?

優しすぎる。

「自分の意思を貫いてね」という言葉は何よりも私にとって心強い。

 

嬉しさと同時に疑問も湧き上がってきた

・わざわざこのことを伝えようと思ったのはなぜか

・ぺーぺーの私を呼び出したのは何故なのか

 

今日はエイプリルフールでしたっけ?

そんな考えが頭を巡りましたが、今日は普通の日でした。

 

次年度を迎えるにあたり、

「考える機会」をもらえました。

この土日は、仕事で貫きたいことについて考えよう。

 

そうだそうだ、

普通だったら職場内での御礼は「メール、もしくは直接伝える」ですが、

果たして、取締役にも同じことをしていいのか・・・

迷いに迷った末に、今日はメールを送ることを控えました。

何故ならば、取締役は私に直接連絡を取ったわけではなく、

秘書的な人に私を呼び出させていたのです。

だから、直接やり取りするのは失礼にあたるのではないか。

そう思った結果、「手紙で御礼を書こう」と思いつきました。

手紙のほうが、メールよりも丁寧で、より間接的な気がするからです。 

 

久しぶりに手紙を書くことになりました。

 

いつも流れるように過ごしがちでしたが

取締役に手紙を書くということも

「初心に返る」ことを意識できたなと思いました。

 

こういう機会を与えてくれた取締役には感謝しかありません。

 

やはり自分の人生において

成長であったり、道を示してくれるのは

「周りの人」なんだと強く感じました。

 

次年度も常に周りの人への感謝を忘れず

歩む道を迷いながら

自分なりに一生懸命考えながら歩んでいこう。

 

 

「行っくぜ~~~、マックスブレイカー!!!!」

 

(88/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中