ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

美容師のダイさんをなぜか信頼し、崇拝してしまう。「仕事への姿勢」にヒントがあった。

私が唯一信頼する美容師さんで、心の中では神と崇めている「ダイさん」の話を書く。
 
3年前にダイさんに会うまでは良い美容師さんに出会えず、美容院を転々としてきた。
今までの美容師さんとダイさんの違いはなんなのか。
なぜ、ここまで崇拝してしまうのか。

f:id:ujin11:20170214215443j:plain

先ず、美容師として高い技術力を持っている。同じ髪型でもダイさんに切ってもらうと髪型が崩れることなく綺麗なまま長持する。「6000円 のカット」なので安くはないが、切ってもらう時に圧倒的な安心感がある。
 
技術力に止まらず、私のことを良く理解してくれる点が他の美容師との決定的な違いだ。
私は本当はオシャレになりたいのに、オシャレセンスが無いため「どんな髪型にしますか?」という質問に「清潔感があるカットなら何でも良いです」と答えてしまう問題を抱えていた。すると美容師は一瞬困った表情をし「もったいないですよ~、こんな髪型とか流行なんですけど、どうですか?」と言う。オシャレになりたいけど、どうすればオシャレになれるのかが分からない私にとって、流行りの髪型を勧められても何の解決にもならなかった。そして、このやり取りが嫌で美容院に行くのも嫌だった。
 
しかし、ダイさんは違った。「ヘアカタログを仕方なしにペラペラとめくって困っている私の姿」から察してか、 一番似合いそうな髪型を提案してくれる。こうしてカットしてもらった髪型は周りからも大好評。おかげで、髪の毛を切る度にとても良い気持ちになるし、美容院に行くことが楽しみになった。何よりもダイさんに勧められるままにカットしてみることで「自分に似合う髪型」に気付くことができた。
もし、ダイさんに「モヒカン似合うと思おうよ」と言われたら3秒だけ悩んで「じゃあ、お願いします」と答えてしまうかもしれない。
自分でも戸惑うほどの信頼を寄せており、新興宗教の領域に達していると自覚している。
 
そもそも美容院は「髪の毛を切りたい、こんな髪型にしたい」という問題に対して、「髪型を整える」という解決をすることで商売が成り立っている。ダイさんの場合はこの基本的な問題解決はもちろん、 「私の問題(=オシャレになりたいけど自分に合うオシャレな髪型が分からない)」に対してもベストな解決をしてくれた。これが普通の美容師との違いであり、安心して任せられる、信頼できる美容師だと感じている理由だと思う。
 
ダイさんの仕事への姿勢は是非見習いたいと思う一方で、信仰はほどほどにしないとこのままだと丸刈りにされるかもしれないという危機感すら覚える。
 

(43/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中