ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

勉強のやる気が出ないときは思いっきり遊べば良いっていうじゃない。じゃあ、仕事のやる気がでない時はどうすればいいのか考えた。

 

大学受験の頃をふと思い出しました。

「勉強のやる気が出ない日は、『1日だけ』って決めて、勉強しないで遊んでるよ~」と言っている同級生が多かったなと。

そう。普段は頑張れる人にもやる気が出ない日は訪れます。

 

そして彼らは、やる気が出ない日は思い切って休むという判断をしています。

 

なんという怠け者なんでしょうか。

やる気が出ないときは遊ぶだと?なんて甘っちょろい考え方なんだ。

社会人はな!!!!

やる気が出ない時も会社にいくしなああああ!!!(老害の説教はこの辺で)

 

 

やっぱり、やる気が出ない日ってありますよね。

だけど目の前の仕事はなくなりません。

「仕事 やる気出ない」でググっても、あなたのやる気が出ない理由はズバりコレ!「不安が~、職場の人間関係が~、仕事の内容が~、うにゃららほにゃららほにゃららららら、こうやって改善できたらベリーグッド!お前、やる気だそうな〜。社会人だろ?」って。

 

言いたいこと、分かるんだけどさ。

いや、もっとシンプルに考えようよ。

 

やる気出ない時って、単純にやる気出ないだけだって。

 

色んな理由が重なって仕事が嫌になるときはあるけど、

理由もなく突然やる気がなくなることもあるし、突然やる気が出ることもある。

これが普通の人間だと思うんだけど。

 

「やる気が出ない」とググるのはナンセンス。

「早く帰る」「バッティングセンターに行く」「映画を見る」「さっさと寝る」と自分の気持ちが赴くままに行動すれば良いじゃん。

(山積みの仕事があって、終電にならないと帰れないという方、ゴメンナサイ。職場変えるしかないっす・・・)

 

受験を終えた高校生が口にする「やる気が出ないときは、思い切って遊んでいました。」はライフハックのための真理なのかもしれない。

 

そう思いながらデパートを歩いていたら、女子高生2人が「新年早々に、新年早々に涙そうそう~♪」と連呼してゲラゲラ笑っている姿を見かけた。

 

高校生って最強だわ。

 

 

(23/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中