ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

【ヒトリゴト】人の死について記者会見する異常さ

妻を亡くした方が記者会見を開いている様子を動画で見た。

正確に言うと、Facebookのポストで動画が流れてきたが、じっくり見ることはせずにそのまま他のポストを読み続けた。

 

動画を見ていないので今回の記者会見が開かれた経緯は全く分からない。

亡くなった方も闘病の末に亡くなったということしか分からない。

 

何も事情は知らないが、悲しみの最中に涙を流しながらカメラの前に立つ必要があるのだろうか。

泣きながら妻への思いや死に至るまでの経緯を語っているのではないかと推測するが、その情報は私たちにとって意味あるのものなのだろうか。

有名人の夫婦だったからこそ、訃報だけでは足りずに事実に関する心情を述べることも社会から求められているのだろうか。

 

 

こんな情報、誰が知りたいのだろうか。

人の死に関して、悲しい以外の何があるのか。

私には全く理解できない。

 

怒られるかもしれないが、こんな報道はどうでもいい。

 

誰もが身内を亡くす。

その苦しみは身内でしか共有できない。

厳密に言うと家族間ですら苦しみの共有が難しく、死に関する悲しみを一人で抱え込むこともある。

こんな繊細な内容を速報扱いでニュース番組が流す意味が分からない。

 

この死には「ストーリー」があるのかもしれないが、ニュースが流すべきは「事実」であり、その事実は読み手が得るのに値する内容であるべきだ。 

人の死がエンターテイメントの一つとして扱われている様な気がして、嫌悪感しか抱かなかった。その嫌悪感から動画を視聴する気にもなれなかったし、もしかしたら、人が悲しみながら何かを語ろうとしている姿を目撃する勇気が無かったのかもしれない。

映画の主人公が大切な人を無くしたシーンを見るのとは訳が違う。

 

自分の傷が癒えていないからこそ、こういった報道に過剰反応しているのかもしれない。

大切な人との死別はとても辛いということを思い出した。

10年以上経ってもまだ癒えないし、この悲しみから完全に開放される日なんてこないのだろう。

 

それでも悲しみ(過去)に思いを馳せるのではなく、普段は「今」を生きている。

悲しいことを考えない様に半分自分を騙して生きているので、こういった報道が嫌だと思ったのかもしれない。

 

(172/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

海外の大学院に進学した人が就活に苦労している。頑張って勉強したのに何故なのか。

久しぶりに、大学の友達と会った。

イギリスの大学院で勉強をしていたので、これから就職活動を行うとのこと。

 

日本では勉学にだけ励んでいた人は就職活動で不利になる。

海外の大学院に進学した友達は何人かいるのだが、彼ら彼女らを見る度に思う。

 

「自分の興味に任せて進学した人」は就活に弱い。

一方で、自分の興味を社会動向と照らし合わせて、「自分が行っていること、自分が行いたいこと」の社会的意義を自分なりに説明できる人が強い。

 

「会社」とは、社員のためにあるわけではなく、社会の中で必要とされているから存在している。

この「会社とは」を大前提に考えれば、前者よりも後者の方が就活に強い理由も頷ける。

 

しかし、ここが複雑なのだが、人は「社会」のために生きるために生まれてきたわけではない。

結局は自分のやりたいことを追い求めた人が一番幸せになるようになっている。

 

「社会」をスタートに置いて「社会のためにはこれが役に立つから、私はこれをやろう」と考えることは間違いだと。この前提で考えると、どんな企業の志望動機もできてしまう。どんな企業の志望動機も作れてしまうということは、それは自分の志望動機では無くなってしまう。誰でも言えることは、「私が志望する理由」にはならない。

 

従って、スタートは「私の興味」であるべきだ。

「私の興味」を大切にし、追及する。ここまでは誰もができていることだ。「自分の世界」で生きる人はこのままでも良い。

 

ただ「会社」に入るということは「社会という世界」で生きることを意味する。

社会の一員として、何らかの役割を担うことを求められる。

「私の興味」を大切にしつつも、一歩、二歩離れて見てみる。「私の興味」は社会ではどんな位置づけであるのか。その位置づけで「私がやりたいこと」を実現することによって、結果的に他者にどんな影響を及ぼすのか。その他者に与える影響というものは、「私の興味、私がやりたいこと」をより魅力的にするものなのか。

こんなことを少しずつ考えて、人に説明できるようにしておく。

会社の志望動機はこういうものだと思う。

 

「就活生に志望動機なんて聞いても仕方ない」ということで、志望動機を聞かない企業もあるという。

誰もが金太郎飴の様な志望動機を並べるのだから、こう思われても仕方ない。

 

しかし、会社とは社会の一部であり、就職活動では社会の一員となるための第一一歩だ。

会社(社会)に入る覚悟はあるのか、その覚悟を確かめるために「どんな立ち位置でどの様に振る舞っていきたいのか」をきちんと考えているのかを確認する。これが「志望動機を聞く」に繋がっているはずだ。

 

冒頭の友達の話に戻るが、大学院進学者(文系)で「やりたいこと」を社会的な意義と関連付けて考えている人は圧倒的に少ない。

会社は「やりたいこと」をやる場所ではない。会社は「社会で求められていること」を提供し、その対価を受け取ることで成り立っている。

会社に入る、社会で生きるのであれば、この辺りと折り合いをつける必要がある。

 

これが世に言われる「大人になる」ということなのかもしれない。

しかし、忘れたくないのは私たちが生きている理由は「社会のために生きるため」ではないということ。

 

折り合いをつける中でも「やりたいこと」を忘れずに、「社会で求められていること」と「やりたいこと」が上手いこと重なっている部分は追い続けたい。たとえ「やりたいこと」が実現できていなかったとしても、重なりを見つけようと模索する限り「夢を見続けること」はできる。

 

「夢を見続ける」とは「夢を実現できていない」ことを意味するのだが、それでも「幸せ」なら良いのではないか。

夢を実現すれば幸せになれるとは限らない。

 

(171/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

【ヒトリゴト】お店が混む時間帯があるように、自分にも混む時間帯がある。

学生時代に、朝のコンビニでバイトをしていた時期がある。

お客さんが来る時間とパタリと来ない時間がある。

これがとても不思議だった。

混む時は途切れなくレジの前に列が出来ていて、人が来ない時は店内にお客さんが全くいない。

 

私生活でも似たような状況に陥ることがある。

パタリと人と会わなくなったと思えば、急に色んな人に声をかけられて会うことになることがある。

 

正に今週は、色んな人に会う。

月曜日:留学仲間

火曜日:会社の超偉い人

水曜日:会社の先輩

木曜日:残業確定

金曜日:大学時代の仲間パート1

土曜日:大学時代の仲間パート2

日曜日:休

 

レジの前にお客さんが長蛇の列をなしている情景と重なった。一気に色んな人に会えて幸せだ~と思いつつ、先週まで全く人に会っていなかったので、この落差に驚いている。

 

コンビニのお客さんがいる時間帯とパタリと来ない時間帯について、とても不思議だと思っていたが、今思えば当たり前のことだと思う。

多くの会社の始業は9時であり、多くの人が10分前ぐらいを目途に出社。同じく多くの人が、出社の5分前くらいにコンビニに寄る。9時を過ぎると社内から出ることは少なく、コンビニへ寄る人の人数も必然的に少なくなる。

 

きっと私がこの週に色んな人と会えているのも、色んな人にとって時間的に余裕のある週だったからなのかなー。

 

なんだか不思議だなーと思った話。

(170/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

【朝活のススメ】社会人必見。朝から友達に会って朝食を食べよう。コスパ最高で楽しすぎる。

朝活といえば、勉強等の真面目なことを思い浮かべる方もいるかと思いますが、この記事で紹介するのは「友達と一緒に朝食を食べる活動」改め「ブレ活」です。

※ブレ=ブレックファーストの略(ブレインストーミングは全く関係ありません)

f:id:ujin11:20170620235540p:plain

最近、ブレ活をしている人をボチボチ見かけますが、認知度はまだまだ低いので、この記事ではブレ活について詳しくお伝えします。

 

 

「ブレ活」の方法

「ブレ活」の方法はすごく簡単です。

 

・自宅ではなく、お店で朝食を食べる
・1人ではなく、友達などを誘う

 

この2点、「友達と一緒に朝食を食べる」というだけです。

 

f:id:ujin11:20170620235720p:plainf:id:ujin11:20170620235717p:plain

「え、朝から人と会うなんてどうなの・・・」

「忙しい時間帯に朝ごはん食べるために時間作るのもな・・・」

と思う人もいると思うので、この「ブレ活」のメリットをお伝えします。

 

メリットだらけの「ブレ活」

ブレ活のメリットは4つあります。

 

・有意義に時間を使える

出勤時間が決まっているため、「ブレ活」の終了時間が決まっており、話を長引かせてダラダラと時間を使わずに済みます。

f:id:ujin11:20170620235155p:plain

特に社会人は限られた時間を上手く使うことがプライベートの質を向上させる秘訣です!

 

 ・平日でありながら「非日常」を楽しめる

朝と言えば、多くの人にとって「慌ただしい時間帯」だと思うのですが、少し早めに起き、時間をとって友達と一緒に朝食をとることで、手軽に「非日常」「優雅な一日の始まり」を楽しむことができます。 

f:id:ujin11:20170620235120p:plain

朝にも関わらず、弥勒菩薩のようにまったりと時間を過ごせます。

 

・体力を消耗せずに済む(夜と比較)

いくら仲の良い友達であっても退社後に会ってお酒を呑むと「疲れるな~」なんてことが珍しくないはずです。

このブレ活であれば、終了時間も決まっていますし、ノンアルコールですので、夜よりも体力の消耗を抑えられます。

f:id:ujin11:20170620235004p:plain

 

・就寝時間に影響しない

 「体力を消耗せずに済む」とも関連しますが、夜に人に会うとどうしても就寝時間が遅くなりがちですが、ブレ活の場合はこういった心配は一切必要ありません。

むしろ少し早起きする動機ができます。

いつもよりも早い時間帯の空いている電車に乗れば、心に余裕も生まれます。

f:id:ujin11:20170620234952p:plain

 

大好きな友達と時間を過ごしながらも4つもメリットがある。

試さずにはいられません!!

 

ブレ活に適した場所

「朝から友達と一緒にご飯を食べれる場所なんかあるのかな」と思いがちですが、あります!

f:id:ujin11:20170620235259p:plain

都内であれば、朝食を扱っているオシャレなカフェが沢山あります。

 

「朝食」というキーワードを必ず混ぜて「早朝 朝食 カフェ (地名)」や「朝食 オシャレ (地名)」で検索するとまとめサイトも沢山でてきます。

 

実際に行って良かった2店舗を紹介します。

 

<池袋>ラシーヌ ファーム トゥ パーク 

南池袋公園内にあるカフェです。

目の前に芝生が広がっているので、晴れた朝は気持ちよく過ごせます。

 

<新宿> 果樹園

フルーツサンドのセットをたった880円で食べられます。

ページ先の写真を見てもらえば分かりますが、惜しげもなくフルーツがパンパンに詰められており、お得感も満載です。

 

ブレ活の時代だ!!!

まだブレ活をやったことが無いという方はぜひ一度やってみてください。

出社時間を少しだけ遅らせるというハードルもありますが、このハードルを乗り越えた先には、日常では味わえない充実感と満足感が待っています。

 

f:id:ujin11:20170620235905p:plain

 

ビバ!ブレ活!

 

(169/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

誰にも求められてないって悲しい。この悲しみの責任は周りの人にかせられている。

人にはプライドがあります。
 
「能力が低い」とどんなに自覚していても周りの人から相手にされないととても悲しい気持ちになります。
 
自分の存在意義が揺るがされて、「悲しい」の次は「不安」に襲われます。
 
不安が限界を越えるとは 、自分の心を守るために「自分を頼ってくれない周りの人」に怒りを覚えるようになります。
 
「求められない」という事実にドンドン傷ついて余計に行動できなくなりますし、周りに反発するようになると本人も周りの人も不幸になる負のスパイラルへ突入です。
誰にも止められません。
 
人は基本的に誰かに認めてもらいたい生き物です。
涼しい顔をしている人であっても周りの人に認めてもらうためにそれなりの努力をしています。
この努力が「成果」として現れないからといってその人の「能力」をはかってはいけません。
 
やる気がある、努力をしている、能力がある、ということと「成果」が出ることは別問題なのです。
 
 
成果の大小は問わずに、どんなに小さなことでもいいです。
誰かに何かをしてもらったらきちんと感謝を伝えましょう。
 
「ありがとう。あなたのおかげで助かりました。」
 
こうやって伝えるだけで、相手は「認められた」と安心します。
安心感があれば、どんどん進んで行動するようになります。
そうして行動しているうちに成果は自然と生まれてくるのものです。
 
誰にとっても心地よい空間を作る秘訣は「小さいことへの感謝を忘れない。感謝を口に出して伝えること」です。
 
 
全て自分への戒めとして書き留めておきます。
 

(168/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

【ヒトリゴト】「ザ・サラリーマン」にはなれないことが決定しました。今年も半分が終わりかけているので、残された半年の過ごし方について考えた。(3300文字の長文です)

4月から一切のTodoを無視して過ごしてきたが、そろそろ現実と向き合うことにした。
「ある飲み会」への参加をきっかけに「ザ・サラリーマンにはなれない」と確信したからだ。

 

飲み会での会話は以下の通りだった。

・前回の飲み会の話 「この前さ、〇〇が酔っちゃって大変だったな~」
・誰かののみっぷりの話
・「呑めないからやめてくれ」という前振りをして、無理矢理注がれたお酒を飲む(出川かよ)

この3種類の会話で3時間を乗り切る。

コミュ力半端ないっす!サラリーマンをなめるなよ!!!

 

帰宅中に気付きました。

私、この輪には入れないし、入っちゃいけない。
心の底から楽しいって感じなかったし、感じたくもない。

こういった飲み会を頑張って「楽しもう」と努力した時期もあったが、「努力」している時点で楽しめていない。
この「飲み会」を境に「もっと自分の素直な反応」を大切にしようと決意。


「この人達の様にはなれない」と思ったのに、最近の私と言えばこの人たちと同じように「仕事して、帰宅後はボーっと過ごす」という生活を繰り返していた。

f:id:ujin11:20170619001322p:plain


のんびりと平和に生活する良さも分かったが、これをずっと続けるのは厳しい。

この2カ月の様な生活を続けると「この人達」は「私の未来の姿」なのだと感じた。

※「この人達」を否定しているのではない、生き方は人それぞれなので、「私」と「この人達」は「生き方、楽しみ方」が異なるだけなのだ。

 

 

「自分が何を目標にしていて、そのために何に取り組んでいて、その際にこんなことがあって」といった話ができる人になりたいし、そういう話ができる人と集まって会話がしたい。


この2カ月間、放置してきた「やりたいこと、達成したいこと」
・早起き
・統計検定2級取得へ向けた勉強
・TOEIC950点へ向けた勉強
・ブログ文の質向上(検索流入のアップ)

一歩引いてみてみると大きな目標が4つもあるではないですか!


これを一気に達成しようとしても上手くいくはずがない。
この難しさに気付きながらも片目をつぶって「どうにかなりますように」と願っていた。

何の努力もせずに・・・

 

この4つの目標に対する本音


1.早起き
この20年間ずっと早起きできなかったんだから、今更できるわけないじゃん。
ブログでも既に2回断念してますし。
そもそも早起きしてどうするのよ。早起きしてからの流れが全く描けていない。

 

2.統計検定の勉強
統計検定の勉強なんて教科書を開いただけで吐き気がする。
文字を読んでいるのに意味が分からない。
「日本語!日本語で書いて!!!!!」と思いながら、教科書をそっと閉じる。

 

3.TOEICの勉強

TOEICの勉強だって怖いよ。
2年前のTOEIC受験を最後に英語の勉強なんて全くしてないし、仕事でも全く使わない。
5年前にお金をかけて留学した意味・・・
怖すぎる・・・最低の点数を取って英語の能力が落ちていることを知るのが怖い。
単語覚えたり、机に向かって勉強している自分を想像するのも嫌だ。
もうすぐ30歳ですよ?
いい年こいた人が、「えいごのおべんきょう」を始めて一体全体何の役に立つんでしょうね。

おまけに職場には「AIがもっと研究されれば英語の勉強要らないでしょ」という(英語ができない)人ばっかり。

そもそも職場の人の「勉強してる人って偉いよね(それ、何の役に立つのw)」みたいな感じやめて欲しい。

モチベーション上がらねええええ・・・

 

4.ブログ文の質向上
ブログだってさ、検索流入のアップを狙ったところで本当にアクセス数がアップするなんて分からないじゃん。よく分からないもののために時間使うとか怖すぎる。

 

 

 

自分の目標に対してここまで不安になっていたなんて!

「大丈夫大丈夫。やればできる」と頑張って言い聞かせていたが、ここまで不安になるということは、ハードルが高い目標を掲げていたということだ。

それも4つも。

 

話は戻るが

「自分が何を目標にしていて、そのために何に取り組んでいて、その際にこんなことがあって」といった話ができる人になりたい。

と思う理由がある。

 

それは、学生時代に、海外の名門MBAで学んだ人たち(30名以上の卒業生、10校以上)に話を聞いて、「サラリーマンでありながら組織の目標を仕事としてこなすのではなく、自分の目標を持ち、自分が歩みたい人生のために人とは異なる道を歩む社会人って物凄くカッコイイし、人生楽しそう!!こんな社会人になりたい!!!」と思った記憶があるからだ。

 

MBAの卒業生の皆さんは、皆同じことを言っていた。

「学期中は4時間ぐらいしか寝れなかった。宿題が終わらないから。」「本当に辛かったけど行って良かったよ。辛さを共に乗り越えた仲間にも作れたし、今の仕事が楽しいし。」 

心の底からワクワクしている様子が伝わってきた。

そんな社会人を見て、人生の自分なりの楽しさを得る人たちは、ズルをしていたり、単に運が良い訳ではない。それなりの「代償」を払っているのだと痛感したことも覚えている。


MBA取得者の中には、会社から派遣(留学中も給料有・学費の返済不要)されている人もいれば、自費留学の人もいる。
自費留学の場合は、学費・滞在費を合わせれば1年半~2年間のプログラムで最低でも2000万円は必要だ。
給付型の奨学金も多いと聞いたが、その間に給料は完全にストップ。機会損失も含めるとMBA留学は4000万円以上かかる。

 

一方で「ザ・サラリーマン」は、毎朝決められた時間に出社し、正しい姿勢で息を吸っていれば毎月給料をゲットできる。
※営業ノルマが厳しい業界の人や変な上司の元で意味不明な仕事をさせられている人は別とする。


どこかの社長がこんなことを言っていた。

「若いころは貯金はせずにお金は全部遊びに使った。貯金が無ければハングリー精神が湧き上がってくる。病気になった時のために金を貯める奴は本当に病気になってしまう」

 

この言葉を全部信じようとは思わない。
本人は破天荒なつもりなのかもしれないが、よくよく話を聞くと「実は親は地元では有力な・・・」と言い出すパターンが珍しくないからだ。親の資金力という絶大なセーフティーネットがあるから大胆なことができる。

 

しかし、「貯金をして安心してしまう」という言葉には説得力があった。

 

私は「ザ・サラリーマン」になりかけていた。

雀の涙ほどの給料からコツコツと貯金をすることで「安心」を得ており、目標に対する執着も無くなっていた。完全にハングリー精神を失っており、このままの生活を2年くらい続けていたら、もしかしたら飲み会で3種類の会話だけで盛り上がれる人間に変わっていたかもしれない・・・

 

こんなことを考えている矢先、『GRIT 平凡でも一流になれる「やり抜く力」』 という本を読み返していた。

GRIT 平凡でも一流になれる「やり抜く力」

GRIT 平凡でも一流になれる「やり抜く力」

 

 

本の内容を本当に超絶適当に要約するとこんな感じだ。

成功の要因を決めるのは、「才能」ではなく「GRIT(諦めずにやり抜く力、勤勉・ハードワーク)」です!

人は「失敗」や「拒絶」に一番不安を感じる。

諦めるな、続けろ、失敗してもよい。

失敗から何を学ぶか、次にどのように活かすのかがカギだ。
とにかく続けろ、トライアンドエラーだ!

 

失敗続きの人を勇気づける一節もあった。

完全に禁煙するまでには、平均で11回はチャレンジしなければならないという。でも失敗するたびに、次回へ向けtえ何か学ぶことがある。毎回の挫折を次にどう活かせばよいかを考えよう。そしてふたたび立ち上がり、何度も何度もトライしよう。

引用:p.152GRIT 平凡でも一流になれる「やり抜く力」

 

 

ダラダラとバラバラ書いたけど、まとめです。

・「ザ・サラリーマン」は私には合っていない

・私、以前のような自分にチャレンジし続ける生活に戻ります!

・飲み会は受け身ではなく、自分も周りの人も楽しい時間になるように価値を発揮したい 

 

 

やっぱり、自分らしくいるのがワクワクしますね。

 

(167/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中

LINEを削除して5カ月経過。消したことによって出る影響は!?諸々の感想を書いてみました。

 

ちょうど150日前にこんな記事を書いてみました。

【急増中】毎日のLINEに疲れた人は、思い切ってLINEをやめてみよう!友達、ママ友、恋人がウザい!?疲れの原因に・・・ 

 ちなみにこの記事を書いたのは、私がLINEに疲れていたからなんですよ。

「LINEに疲れている人はどうたらこうたら」と偉そうに書きましたが、全部自分のことを書いていました(笑)

 

「自分の、自分による、自分のための記事」を書いていたのですが、アクセスが多いですし

f:id:ujin11:20170618001319p:plain

「LINE 疲れた」でグーグル検索すると4番目に表示されるようにもなったので、LINEをiPhoneから消した「その後」について書いてみます。

 

 

LINEをスマホから消して5カ月経過

 

LINEを消せない人は、「LINEを消すと困る」と思っていると思うのですが・・・

 

5カ月前にスマホからLINEを削除した私、特に不自由していません!

今年と昨年のスケジュール帳を比較した結果、1か月毎に会っている人の数も変わっていなかったですし、むしろ微増だったので、交友関係が薄くなったわけでもありません。

 

LINEを削除したメリットとデメリットを具体的に書き出してみました。

 

LINE削除のメリット

・LINE疲れから解放され、ストレスが減った

・LINEの連絡を気にしてスマホチェックすることも無くなり、時間節約に繋がった

・LINEに届いていた俺様通信がパタリと止み、時間節約に繋がったあ

・衝動的に人に会う機会が減ったので、生活のリズムを崩しにくくなった

・大切な連絡とどうでもいい連絡(返信が遅くても問題ない連絡)を明確に区別できるようになった

・返信が遅くなっても相手が困っていないことが分かった、体感できたので、LINE以外でも不要と思える連絡は放置できるようになった

 

LINE削除のデメリット

・人と待ち合わせをする際に相手に迷惑をかけているかもしれない

普通の人にとってマイナーなFacebookメッセージかメールでのやり取りになるため

・LINEでの返信が遅くなるので相手に申し訳ない

相手には申し訳ないですが、特に私は困りません。また、返信が遅いことは申し訳ないですが、遅く返信することで相手に多大な損害を与えることはありません。

 

つまりLINE削除によるデメリットはほぼ無いです・・・

 

まとめ:LINEはスマホから削除しよう!

 

LINE疲れに陥っている人に言いたい。

LINEを早くスマホから削除しましょう!

LINEが無くても困りませんし、スマホから削除しておけば返信が遅くなる言い訳もしやすいです。

 

「何で削除しているの?」との質問には「LINE苦手なんだよね」と言っておけば大丈夫です。それ以上突っ込まれません。それ以上質問させない雰囲気を醸し出せばOKです。

もしも空気を読まずに「何でLINEが苦手なの?」と質問してくる人には「色んな人から色んな連絡が沢山くるのが苦手なんだよね!」と言ってあげましょう。この件についてとやかく言われる筋合いはありません。

 

「ウザい連絡は余裕で放置するよ」なんて言葉をよく聞くので、普通の人はLINEを上手く使いこなせているのかな・・・

 

私の様な不器用な人間でLINE疲れに苦しんでいる人にとって本記事が何かの役に立てれば幸いです。

 

(166/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中