ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

【日記】御礼のメール、飲み会で唯一ちゃんとできること。

飲み会スキルが最低だ。

会食の度に気の使えない自分に課題を感じてもどかしくなる。

ああ…

またグラスが空くのに気付かなかった。

取り分けもぎこちない。

そう反省しながらトボトボと帰っている。

 

別に強要されているわけでも、怒られるわけでもないが、

上司によってはキビキビした動きを好む人もいる。

 

しかし、私が飲み会の席で気を使えるようになりたい理由は、

上司にそういった役割を期待されているからではない。

 

 

 

気を使える人は、魅力的だ。

 

 

相手の動きを読んで、相手が望む前に提案する。

女子力がどーたらこーたらとかどうでもいい。

ただただ、一緒にいる人に気を使える人になりたい。

それもぎこちなくではなく、自然に。

 

そんな私でも唯一できることは、御礼のメールを超爆速で送ることだ。

社内の人であれば、帰りの電車で御礼のメールを送る。

社外の人であれば、遅すぎるメールは引かれるので朝一に送れる様に

帰りの電車でメールを作成しておく。

 

こんなこと気にする必要なんか無い、と思う自分がいる一方で

やはり社会で「大切」と言われていることには、最もらしい理由がある。

理由が無かったとしても私の上司の世代はそれを

「意味あるもの」として受け止め、実行してきた世代だ。

口では「そんなこと気にするな」と言っていても

自分たちがやってきたことを当たり前にやる者に

親近感のようなものを感じてくれるのでは無いか。

これも決して打算的な理由ではなく、

相手が心地よいことは何だろうなと考えた結果たどり着いた答えだ。