読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

オランダは危険な場所?一人旅で、怖いオレンジ集団に突然絡まれた。

旅行-オランダ 旅行 趣味-徒然・ネタ 趣味

ハーグでの一人旅

2016年1月5日、オランダ滞在9日目にして初めて一人旅を決行した。

他の日程では、オランダ留学中の友達と一緒に行動。 

 

旅慣れている人には、オランダなんて治安が良すぎるだろうが、パリ同時多発テロ事件の直後であったことや、初ヨーロッパ旅行、初デン・ハーグだったので、少しドキドキしていた。

 

ちなみにハーグは「事実上のオランダの首都」と呼ばれる都会。

オランダ議会の議事堂が所在している。議事堂のほかに、王室の宮殿、中央官庁、各国の大使館などが置かれており、ほぼすべての首都機能を担う、国内政治の中心都市である。そのほかにも、国際司法裁判所旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷国際刑事裁判所等の重要な国際機関が複数置かれ、「平和と司法の街」とも呼ばれる。

デン・ハーグ - Wikipedia

 

「知らない人にはついて行かない」

不幸にも海外で失踪する邦人がたまにいる。

f:id:ujin11:20170111220159p:plain

旅のテンションに流されず、小学生の時に教えてもらった「知らない人にはついていかない」を徹底して安全に旅するぞと決意。

 

突然出てきたオレンジ集団

ハーリングを食べてからエッシャー美術館に向かうところだった。

 

カッコいい旗がズラーっと並んでいる写真を撮っていたら

「なーにしてんだ?」とオレンジの服のオジサン集団に絡まれた。

 

ちょっと待って、ホラ、邦人が海外でよく行方不明になるじゃん

 

怖いよ、来るなよ

 

f:id:ujin11:20170110004511j:plain

ガタイ良いし、ハゲだし(失礼!)、怖いんですけどおおお

 

スイマセン、確かにおじさんたち写ってました

消すから許してや!!!

 

無情にもオレンジの集団は近寄ってきた。

 

出会って10秒で日本の労働条件をディスる

ちなみにオランダ人の母語オランダ語だが、ほとんどのオランダ人が流暢な英語を話す。

 

もう1年以上も前なので、彼らの英語なんて覚えていない。

ただ、何故かエセ東北弁で脳内再生された。

 

おめぇ、どっから来たんだっぺ?

こんな旗撮ってどうすんだっぺ?

冬休みは1か月ぐらいあるのか?

俺らは1か月ぐらい休むっぺ

おめぇの休み、少なぐなぐねえが?ギャハハハハ

(大きい声で笑うな!こわいだろ・・・顔が引きつる) 

 

 オレンジのおじさんその1「俺が君とこの旗の写真撮ってやっぺ」

  

えええ・・・これって

「キミ~、写真撮ってあげるよ」って言われて、いや~ん、海外の人って超優しいんだけど~素敵!って思いながらカメラ渡した瞬間に、カメラそのままひったくられるパターンじゃないですか? 

f:id:ujin11:20170111220523j:plain

渡航前に読んだ「海外旅行でよくある被害事例」にそっくりなんですけどwwww

 

・・・どうしましょうと思いつつも

 「海外旅行保険に入っているから最悪の場合は保険降りるっしょ」とオニューのiPhone6を渡す。

 

ここまできたなら、無駄に怯えるのは止めよう。

オレンジの集団に向かって言った

 

「どうせなら、一緒に写真撮ろうぜ。」

 

一番ノリの良いおじさんがニコニコ近寄って写ってくれた。

 f:id:ujin11:20170111214010j:plain

イケてるポーズをとるオレンジのおじさんその2

 

旗、全く写ってないがな!

 

ちなみに、スエズって大企業じゃねえか。

水ビジネスで無視できないのは、ウォーターバロン(水男爵)と呼ばれる巨大な水道事業者だ。仏ヴェオリア・エンバイロメント、仏スエズ、英テムズ・ウォーターがその代表格。

狙われている「日本の水市場」:日経ビジネスオンライン

 

ワロタwwww

旅人に話しかけてないで仕事しろや。

 

日本のおじさんたちが仕事中に観光客に話しかけて「写真撮ってやっぺ」なんて言ってるところなんて全然想像できないよ~。ディズニーランドのキャストぐらいだろ!

だから外国人は怠けてて、日本人は勤勉って言われるんだよ!

 

・・・・

 

・・・・・・・

 

だから社畜とか言われるんだ、日本のサラリーマンは( ;∀;)

 

労働者を自由気ままにに働かせているオランダよ、お前の勝ちだ。 

 

旅の醍醐味と危険は裏表

こんな訳で、私にとってのオランダの第一村人は「東北弁なまりのオレンジ集団」でした。

念には念を入れて気を付けながらの交流。時間にして5分にも満たなかったですが、村人(純粋な地元民)と初めて交流できたのはとても楽しかった。

一方で「ああ、こういうのに味をしめると怪しい人にもついていっちゃうんだ」って分かった気がした。

 

意外に筆が進んだので、オランダの他の村人との出会いはまた次の機会に!

 

今後もオランダ旅行記、随時アップします。

~一部紹介~



 

 

(9/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中