ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

【やりがち】疲れやすい?疲れの原因はコレだった。疲れ知らずで快適に過ごしたい!

激しい運動もしていないのに何でこんなに疲れてるんだろう・・・

思うよに体が動かず、仕事も勉強も捗らない。

こんなこと、ありますね。

 

疲れを感じずに快適に過ごしたい!という方に向けて「日常に潜む疲れの原因」お伝えします。疲れの原因を避けて快適に過ごしましょう!

 

疲れの原因はコレだった

夜食

夜、お腹がすくことありますよね。

ただ、夜食を食べてしまうと睡眠中に消化器官が動くので、しっかりと休めなくなります。

夜食を食べてから寝ると、脳が睡眠に入っても胃腸は働き続けるため安眠ができず、翌日に疲れを残すことになる。

1日2食健康法 - 疲れの原因は食事にあり - 間食、夜食をやめる

お腹が少し空いている時に寝た方が免疫力が上がるという話もあるので、少しの空腹は我慢した方が体のためです。

 

どうしても空腹を我慢できない場合は、睡眠の最低2時間前までには食事を済ませるか消化の良いもの摂取しましょう。

 

飲酒

アルコールを接種すると、アルコール分解のために肝臓が動くため、疲れやすくなります。 

 

更にアルコールによって失われる栄養素はこんなにも多い。

ビタミンA、ビタミンBビタミンCビタミンDビタミンE葉酸ビオチンカリウムナトリウムクロール亜鉛カルシウムマグネシウム

引用元:アルコールで失われる栄養素

飲酒量はほどほどに。

飲酒後は特定の栄養素が不足するため、注意が必要です。

 

寝不足

忙しい時、趣味に夢中な時、ついつい睡眠時間を削ってしまいますね。

しかし、睡眠時間を削ると睡眠リズムが崩れて疲れがたまります。

 

健康的に過ごすための睡眠時間の目安を紹介。

どのくらいの睡眠時間が適切かについては個人差も大きいが、厚生労働省ガイドラインによると25~45歳で約7時間、45~65歳で6時間半、65歳以上は6時間くらいが目安

睡眠不足はほろ酔い同然 疲れ解消に必要な睡眠時間|ヘルスUP|NIKKEI STYLE

「睡眠時間を削っても何とかなる。大丈夫!」と思っても、睡眠からくる疲れは結構しんどいものです。

ただの睡眠!と侮らずにしっかりと睡眠時間をとりましょう。

 

姿勢

正しい姿勢でい続けることって、かなり難しい。

特にデスクワークや勉強など、夢中になっていると自分にとって心地の良い姿勢をとりがちです。

 

しかし、疲れを感じやすいのであれば、姿勢の悪さに原因があるかもしれません。

疲れが取れない人は、そもそも姿勢の悪い人が多いです。
疲れを取ろうとしても、疲れる姿勢をしているので、また疲れます。

姿勢が悪いと、疲れやすい。 | 疲れを取るシンプルな30の方法 

意識しないとなかなか治りません。

疲れが続く日々を見直したいのであれば姿勢の改善が第一歩です!

 

ストレス・緊張

知らず知らずのうちに抱え込んでいませんか、ストレス!

特に人間関係で受けるストレスが一番多い、という方が大半です。

 

ストレスを感じたり、緊張状態が続くと心も疲れますし、体も休まりません。

何からのストレスがあるのでれば、原因が何であるのか、改善する方法は無いのかなどを考えてみましょう。

一人で考えることが難しいのであれば、信頼できる友人やカウンセラーに頼ることをお勧めします。

 

まとめ

疲れの原因は意外にも身近なものなんです。

ついついやりがちですし、原因を見逃しがちですが、疲れを感じたら上記に当てはまるものが無いのかチェックしてみてください。

 

原因を知れば、半分解決したようなもの。

疲れの原因を避けて快適に過ごしましょう!

 

ビバ!リラックス!ビバ!疲れ知らず!

 

(214/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中