ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

「ギブ&テイク!」とても嫌な奴になったら、とても気持ちが楽になった

今日は手短に。

 

「2カ月でこんなに変わった」 という記事にも書いたが改めて書いてみる。

 他人を適度に無視できるようになった

主に職場でのことです。仕事を押し付けてくる人をあしらったり、泣き言を言ってくる人を突き放せるようになりました。

これによって大部分のストレスから解放されました。

【日記】良くも悪くも2カ月でこんなに変わりました - ブロギングなう

 

少し前まで、「他人を適度に無視する」というのは私にとって至難の業だった。

誰かが泣き言を言っていたら話を聞いて共感を示したり、心の中では「は!?」と思いつつも理解を示そうとしていた。

 

色んなことを相手に寄せて反応していたし、素の自分の反応を押し殺していた。

これって心身のエネルギー消耗が半端ない!

コスパ悪すぎ!私何しているのかしら!!!と気付いてしまった。

 

ただ、何年間もそうしてきた自分を直ぐに断ち切れるわけもなく、この間は「本当に会いたい」と思っていない人に会ってしまった。

 

「悩んでるから話を聞いてもらいたい」と言われた時から「何でお前の話を聞かなきゃいけないんだよ」と思っていたので、

「忙しいから無理」とか「その話、私が聞いてもどうしようもないよね」とまで伝えた。

それでも「会いたい。悩みを聞いて欲しい」と4回くらい言われて、相手の押しに負けた。

 

本当であれば、自分の悩みでもないし、相手の悩みが解決されたところで私には全く関係ないのだが「人に必要とされていること」に反応してしまったのかもしれない。

実際に会った結果・・・

一方的に悩みを吐露されて、どう思う?と質問される。

「特に感想は無い」と答えたところ「冷たい」と言われた。

おまけに相手が年下だったので、お会計は私持ちです。

年上ケチが嫌いなので、お金は私が払いますが、時間だけではなくお金の痛みも加わるので、益々嫌な気持ちになります。(良い意味でハッキリと嫌いになれる。)

 

思い返してみると、この人が就活をしている時に、個人的な時間を割いてESを添削しまくった。本人の努力もあって志望企業に内定したが、私も仕事の合間をぬって10時間ぐらいは時間を使っていた。丁寧に御礼を言われて「本当に良かったね」と喜んだのだが、今回の様にまた頼られると「この人にとって私は何なんだろう」と考えさせられた。

 

私のギブに対してテイク何もなくない?

 

テイク=「やりがい」??

仕事でやりがい感じてますし、ブログや他の活動でもやりがいなんて腐るほど転がってますよ~。

ギブ&テイクという言葉が嫌いだし、ギブ&ギブ&ギブの精神で生きてきましたが、「なんか違う。相手がテイク&テイク&テイクすぎませんか?」と感じたわけですわ。

 

「ギブ&ギブ&ギブの精神」も相手の姿勢を見つつ出し惜しみすべきだと感じ始めました。

 

 「省エネさんだから、こうやって悩みを聞いてもらいたいんです。他の人にはこんなこと言えません。」という言葉に対しても、「それはあなたにとってのメリットだよね」と言ってしまった。

自分でも驚きのスーパー嫌な奴である。

 

 

先日の出来事をきっかけに、「テイク&テイク&テイクの姿勢の自己中人間は、自己中を許してくれる人を上手く選ぶ能力がある。他の人を頼って生き延びる。私が相手をする必要はない」と再確認した。

 

「冷たい」と言われようが、「だから何ですか?」と思えるようになった。

 

 

So What?

 

素で生きよう。

嫌な奴になっても良いので、自分を大切にしよう。

 

素で受け入れてくれる人を大切にしよう。

 

素の自分を自分自身で受け入れるだけでも心が軽くなる。

 

「嫌な奴」である自分を受け入れようじゃないか。

 

そう思う一日であった。

 

いぇい!

 

(156/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中