読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロギングなう

毎日ブログを書けば文章力が上がるのかを検証中

予定を変更されて激しく萎えたけど、萎えた原因がしょぼすぎた。

日記です。

少し前の話です。

 

ここで夕飯食べよう!と言われていたのですが

急遽、相手方の都合が悪くなったので

別のところで食べよう!と言われました。

 

要は「ご飯食べるところ変更しても良い?」と聞かれただけのことですが、相当イライラしました。

イライラよりも憎しみに近いものを感じました。

何故なのか。

自分でもよく分からなかった。

 

やり取りを思い返しても相手には全く非がありません。

ドタキャンでもないですし、ただ単に会う場所が変わっただけです。

いきなり予定を変更したことについても丁寧に謝られましたし、

変更された場所も当初予定していた場所よりも近いので、移動時間の負担もありません。

何がいけないのか。

 

書いているうちに気付きました。

「お店が変わったのがいけなかったんだ!」

当初行く予定だった店が大好きなので、その店に行くことが私にとっては楽しみだったのです。

 

私がここまでこの店に対するパッションを持っていることに、私自身もたった今気づいたので、相手がこのことを知る由もありません。

どれだけ好きなんだよ。

イライラの原因が判明したら全くイライラしなくなりました。

 

お店への愛の深さを知り、誰に会うかよりも何を食べるのかに重きを置いていた自分を恥ずかしく思いました。

 

「何を食べるかよりも誰と会うか」 を大切にしていたはずなのですが、人って変わるもんですね。

それともこの店が特別なだけなのか。

 

(136/365)←365日連続ブログ更新の記録更新中